title0a.gif タイトル画像

GR−A103UマルチGNSSレシーバUSB (GM−A103R)

末尾の注意事項をお読み下さい。
本ページは金銭授受を伴う行為を含むAuctionや商用Web Pageからの無断リンク
・無断参照を禁じます。
無断リンク・無断参照が判明した時点で然るべき処置をとらさせて頂きます。

 部品・ユニットの小部屋へ戻る   ホームページへ戻る

データ番号

1081

区 分

部品

分 類

センサ

品 名

GR−A103UマルチGNSSレシーバUSB (GM−A103R)

発売元

製造元 NaviSys Technology Corp.
販売元 (株)東京通商

価 格

7,000円 (8%税別) 送料500円

主要部品

GM-A103R

電 源

5Vdc (GR−A103U)

概略仕様

  • 商品仕様 GR−A103UマルチGNSSレシーバUSB

GR−A103U マルチGNSSレシーバUSB
インターフェース USB 仮想COMポート

USB・シリアル変換IC

PL2303

電源

5Vdc (USB)

  

  • 内蔵GPSモジュール仕様

GM−A103R 仕様

受信対象 GPS/QZSS,GLONESS 

受信チャンネル

52チャンネル

チップアーキテクチャ

SiRFstarX

アンテナ

内蔵パッチアンテナ

感度

Acquisition −146dBm (GPS)
Tracking −165dBm (GPS)

位置精度

水平位置精度 2.5m以下

測定範囲

高度 18000m
速度 1,852km/h

SBAS

WAAS,EGNOS,MSAM,GAGAN

コールドスタート

35秒以下

ホットスタート

1秒以下

収集間隔

購入時初期状態(下記の6コマンドを出力)
$GPGGA 1s間隔
$GLGGA 1s間隔
$GNGSA 1s間隔
$GNRMC 1s間隔
$GNVTG 1s間隔
$GPGSV 5s間隔

出力形式

NMEA−0183プロトコル(V4.0)
GGA , GSA , GSV , RMC , VTG

測位系(Datum)

WGS84

接続インターフェース

TTLレベル、RS-232Cレベル 調歩同期シリアルIF
9600 , 8 , N , 1
(9600/19200/38400/115200 bps)
(注意:RS-232Cレベルの信号は未確認。) 

1Hzタイムマーカ出力

無し

バックアップ電源

内蔵

サイズ

30.0 x 30.0 x 9.7mm

質量

5g

動作温度

−40℃〜85℃

防滴仕様

付属ケーブル長

− (GR−A103Uケース内に付属)

   

付属基板

付属ケース

有り (GR−A103U)

外形寸法

W 36.0mm D 42.0mm H 15.0mm (GR−A103U マルチGNSSレシーバUSB、コネクタ含まず)

追加購入
部品

コメント

改 造

その他

(製作例)

 

【 パッケージ外観 】

 

【 パッケージ内部 】

 

【 GR−A103U取り出し時 】

 

【 GR−A103U 全体外観 】

 

【 GR−A103U 本体外観1 】

 

【 GR−A103U 本体外観2 】

 

【 GR−A103U 取扱説明書 】

 


動作例1

  取扱説明書に記載のテストツールNaviViewerSf_v0.0.0.1_20140606.zipを利用して動作確認をしました。 当初は動作不安定でしたが、取扱説明書に記載されているPL2303のドライバーをインストールすることで安定動作するようになりました。 

 

【 NaviViewerSf v0.0.0.1 動作例 】

 GPSロガーとして利用するには、USBインターフェースのGM−A103RのままだとPC本体(相当)が必要になります。 これでは持ち運びが難しいので、内蔵されているGM−A103Rを取り出してGPSモジュールモジュールとして利用することにしました。


GM−A103R GPSモジュール

 GR−A103Uに内蔵されているGM−A103Rを殻割りして取り出しました。 GR−A103Uの内部構造が不明でしたので慎重にケースを切断しました。 若干、力任せのとこともありましたが、無事取り出すことに成功して、当初の期待どおりのGM−A103Rを入手することができました。

 

【 殻割り状態1 】

 

【 殻割り状態2 】

 

 USB・シリアル変換ICはUSBコネクタに内蔵されているようです。 GPSモジュールモジュールを取り外した残りの部品は、別のGPSモジュール動作確認に流用することにします。

【 殻割り状態3 】

 

【 モジュール外観1 】 

 

【 モジュール外観2 】 

 

【 モジュール外観3 】 

 

【 モジュール外観4 】 

 


動作例2

 ダブルGPSロガー「ダブログ」 を使用してベンチマークを行いました。 GT−740FL(2台目) との比較の一部を抜粋しました。 

 

【 動作確認状態 】

 

紫色軌跡 : GT−740FL(2台目) 軌跡
水色軌跡 : GM−A103R 軌跡

【 自転車移動 軌跡比較例1 (陸橋上移動時) 】

 

紫色軌跡 : GT−740FL(2台目) 軌跡
水色軌跡 : GM−A103R 軌跡

【 自転車移動 軌跡比較例2 (広場Uターン時) 】

 

紫色軌跡 : GT−740FL(2台目) 軌跡
水色軌跡 : GM−A103R 軌跡

【 自転車移動 軌跡比較例3 (地下道通過時) 】

 

紫色軌跡 : GT−740FL(2台目) 軌跡
水色軌跡 : GM−A103R 軌跡

【 自転車移動 軌跡比較例4 (分岐路) 】

  

データ作成者 CBA

 部品・ユニットの小部屋へ戻る   ホームページへ戻る


注意事項


End of This Page.