title0a.gif タイトル画像

NJM4580DD使用ヘッドホンアンプキット (K-12309)

末尾の注意事項をお読み下さい。
本ページは金銭授受を伴う行為を含むAuctionや商用Web Pageからの無断リンク
・無断参照を禁じます。
無断リンク・無断参照が判明した時点で然るべき処置をとらさせて頂きます。

 キットの小部屋へ戻る   ホームページへ戻る

データ番号

1384

区 分

キット

分 類

AV

品 名

NJM4580DD使用ヘッドホンアンプキット (K-12309)

発売元

秋月電子通商

価 格

540円 (8%税込み)

主要部品

NJM4580DD

電 源

+4.5〜15Vdc

概略仕様

   

キット内容 8pin DIPオペアンプを使用したヘッドフォンアンプキット。
付属OPアンプ NJM4580DD

ピン配列に互換性のある2回入り8Pin DIPタイプのオペアンプに差し替え可能です。

プラスマイナス電源用オペアンプを利用できます。

入力回路 入力インピーダンス 約5kΩ〜約10kΩ

 

過電流保護 最小8A 自動復帰
入出力絶縁 非絶縁
その他 取扱い説明書に、太陽電池への適用例が簡潔に記載されています。

    

付属基板

専用基板 AE−HRD12008

付属ケース

無し

外形寸法

基板単体完成時 W 107.5mm D 40mm H 36mm

追加購入
部品

コメント

改 造

その他

(製作例)

      

【 キットパッケージ外観 】

 

【 構成部品一式外観 】

 

【 取扱説明書 】

 

【 プリント基板 (部品面) 】

 

【 プリント基板 (ハンダ面) 】

 

【 プリント基板単品販売 】

 

【 部品パッケージ 】

 

【 部品一式 】

 

【 IC・コネクタ類 】

 

【 抵抗類 】

 

【 電解コンデンサ 】

 

【 コネクタ付き電源用2Pケーブル 】

 


製 作 例

 

【 Step1 抵抗実装 】

 

【 Step2 VR・コネクタ類実装 】

 

【 Step3 電解コンデンサ実装 】

  


完 成 例 

 

【 完成外観1 】

 

【 完成外観2 】

 

【 完成外観3 】

 

【 完成外観4 】

 

【 完成外観5 】

   

 


完 成 例 

 R1,R2,C1,C2で仮想GND電位を生成しています。 この回路では電源変動の他に、僅かとはいえ音声信号が仮想GND電位の変動要因となります。 回路定数の見直しや回路構成変更をすることで改善できます。 

 1kHzの正弦波を入力したときの実測波形例を下記に掲載します。 ピンク色の仮想GND電位が信号(R−channel)の影響を受けています。 ただし、影響は非常に小さいと思います。 信号波形を気にするかどうかだけの問題であり、重箱の隅の情報です。

 

オシロスコープ接続状態
CH 信号 (J2:32Ωイヤフォン接続) 垂直軸
CH1 黄色 J2 OUT R−channel 出力 200mV/div
CH2 水色 J2 OUT L−channel 出力 10mV/div
CH3 ピンク色 仮想GND 1mV/div
CH4 青色 U1−7pin (R−channel 出力) 200mV/div

 

(512回アベレージング波形)

【 信号入力時 】

 

 参考までに無信号時の波形を掲載します。

【 無信号時 】

 

データ作成者 CBA

 キットの小部屋へ戻る   ホームページへ戻る


注意事項


End of This Page.