title0a.gif タイトル画像

1000mA 可変定電流パワーLEDドライバキット [K-06300]

         

末尾の注意事項をお読み下さい。
本ページは金銭授受を伴う行為を含むAuctionや商用Web Pageからの無断リンク
・無断参照を禁じます。
無断リンク・無断参照が判明した時点で然るべき処置をとらさせて頂きます。

 キットの小部屋へ戻る   ホームページへ戻る

データ番号

929

区 分

キット

分 類

アクセサリ

品 名

1000mA 可変定電流パワーLEDドライバキット [K-06300]

発売元

秋月電子通商

価 格

840円(5%税込)

主要部品

CL6807

電 源

+7.5〜25Vdc

概略仕様

 

キット内容 CL6807を用いたパワーLEDドライブ基板
使用IC CL6807
電源 +7.5〜25Vdc

(LEDのVf×個数+5V)

LED接続個数 5個程度 (Vfの値によち変化する。)
LED電流 250〜1000mA (R4=0.1Ω)
明るさ制御 付属CDSを取付けることで、明るいときに消灯可能。

         

付属基板

AE−CL6807

付属ケース

無し

外形寸法

完成時 W 40.0mm D 30.1mm H 28.5mm

追加購入
部品

コメント

  •  放熱板を取り付けできますが、放熱を考慮したパターンになっているのか疑問です。 でも、ないよりはよさそうです。
     
  •  電源電圧の最小電圧がデータシート上では8Vや7Vと記載されています。 データシートを読んで7.5Vになる理由はわかりましたが、マージンを考えて、最小電圧は8Vと思った方がよさそうです。

改 造

その他

(製作例)

 

【 キットパッケージ外観 】

 

【 構成部品一式外観 】

 

【 取扱説明書 】

 

【 基板パッケージ 】

 

【 基板 部品面 】

 

【 基板 ハンダ面 】

 

【 部品パッケージ 】

 

【 部品パッケージ 構成部品 】

 


製 作 例

 

【 基板完成 部品面1 】

 

【 基板完成 部品面2 】

 

 データーシートを読むと、PWMとリニア動作の両方が記載してありましたので、出力波形を「DSO Quad − 4 Channel Digital Storage Oscilloscope」で測定してみました。 なお、測定に使用したプローブでの波形調整は未実施です。
 

OSTCXBC1C1S(RGB-LED)の青色LEDを負荷にしています。

CH1(水色):LED K 〜 LED A (オシロGND)

CH2(黄色):CU7807 LX端子 〜 LED A (オシロGND)

LED A(Anode)にオシロのGNDを接続しています。

波形0Vラインは上から1div位置です。

出力電流が小さい場合はCU7807のLX端子はPWM波形です。

【 動作時波形(0.07A最小出力設定) 】

 

出力が大きくなるとリニア動作となります。 基板の放熱板が必要となります。

【 動作時波形(約0.85A 大出力設定) 】

            

データ作成者 CBA

 キットの小部屋へ戻る   ホームページへ戻る


注意事項


End of This Page.